5/9福岡にてクラスメソッドのせーのさんによるイベントAlexaSalonに参加してAlexaへの興味がさらに高まったので紹介してみようと思い立ちました。

スポンサーリンク

対象者

  • Alexaに興味がある方
  • スマートスピーカー好きな方
  • ワクワクドキドキしたい方

基本的なこと

  • Alexaって何?

    Alexaは、Amazon Echoや、Alexaが使えるデバイスの中枢となる音声サービスです。Alexaが使えるデバイスの操作には、普段から無意識に使っている「声」という直感的な方法を使います。
    Alexaの大きな特徴として、サードパーティや個人の開発者による独自拡張があります。拡張の仕組みは大きくわけて2種類があり、Alexaで使える独自機能の追加を「Alexaスキル」、独自デバイスによるAlexa連携を「Alexa Voice Service (AVS)」と呼んでいます。

  • VUI
    • Voice UIのことで音声を中心にしたUIのこと
    • Echoには画面付きのものもあります。
       スクリーンショット 2019-05-14 12.52.40

Alexa最近の主なアップデートから注目トピックを抜粋

  • In-Skill Purchasing
    • スキル内課金を使用して、コンテンを販売できます。
    • 販売が可能になり参入組が増えてさらにAlexaが活発になっていきそうです。
  • Room Booking API
    • ホテルの予約やチェックアウト等管理できる
  • Baby Activity Skill API
    • 育児支援向けAPIのこと
    • ITmediaの記事で紹介されていました。
    • 育児系スマホアプリって世の中にたくさんあるわけですけど、育児する側はスマホを触って入力して保存なんて悠長なことなんてやってられないわけです。声での操作ならば育児記録の敷居は下がるかもしれないと思いました。

    ユーザー:Alexa、Janeは3時間の昼寝から目覚めた。
    ユーザー:Alexa、最後のおむつの交換はいつですか?
    ユーザー: Alexa、先月のJaneの平均体重は?

  • Alexa-hosted Skills
    Amazonの説明は以下のとおりです。

    Alexa-hostedスキルを使うと、AlexaがホストするAWSリソースを使ってスキルをすばやく強化することができます。また開発者コンソールのコードエディターを組み合わせて使うことで、AWS Lambdaのコードを編集したり変更をデプロイしたりできます。Alexa-hostedスキルの編集やデプロイに、ASK CLIを使うこともできます。

    • 通常lambdaと連携していろいろやるとなるとAWSのlambdaと接続してという設定が必要になります。
    • 本機能を使えばAWSのlambdaを操作する必要がありませんが、機能に制約があり以下の3つのみ使用できます。
      1. Lambda
      2. S3
      3. CloudWatch Logs

その他

【ASK SDK Utilities】

  • Slotの書き方が短く簡単にできます。

【Blueprints】

自分独自のスキルを初心者でも気軽に作成することができます。
以下の特徴があります。

  1. 一切のコーディングが不要
  2. 呼び出し名が不要(カスタムQ&Aと言う必要がない)
  3. ユーザーでの共有が可能

テンプレートが豊富です。
スクリーンショット 2019-05-16 0.10.38

  • カスタムQ&A
    • 保険証券どこにある?
    • コートどこにある?
    • 冷蔵後の取説どこにある?
  • フラッシュカード
    • 単語帳がわりに使えます。

【APL(Amazon Presentation Language)】

Alexaは基本的に音声がメインの代物ですが、APLを用いることで音声と視覚の両方を用いた表現が可能になります。

スクリーンショット 2019-05-16 0.49.51

  • 自由度が高い
  • 動きがつけられる
  • 画面の大きさで出し分けられる
    • Echo Showだと画面が小さいので配置できるオブジェクトは少ない
    • Amazon fire TVだとディスプレイ次第ですが画面が大きいので配置できるオブジェクトが増え、多くの情報を提供することが可能

ひとまず覚えておけばいーやつ
1. Container ←FlexBoxみたいなやつ
2. Image/Text
3. Frame
4. Pager
5. Sequence 縦、横スクロール
6. Touch Wrapper

参考
APLを使用した日本のマルチモーダルスキルの事例