スポンサーリンク

注意事項

以下、全てsuでの操作となるので注意すること

postfixインストール

自動起動

下記コマンドを実行する

chkconfig postfix on

main.cfの編集

下記コマンドを実行する

vim /etc/postfix/main.cf

下記をに変更・追記する

myhostname = sample.com ←コメントアウトして変更する

mydomain = sample.com ←コメントアウトして変更する

myorigin = $myhostname ←コメントアウトする

inet_protocols = ipv4 ←コメントアウトして変更する

# add for office365 ←最終行に以下を追記する
relayhost = [smtp.office365.com]:587 ←office365のsmtp設定
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_generic_maps = hash:/etc/postfix/generic
smtp_tls_security_level = may
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_use_tls = yes
smtp_always_send_ehlo = yes
smtp_tls_CAfile = /etc/ssl/certs/ca-bundle.crt

パスワードファイルの準備

下記コマンドを実行する

vim /etc/postfix/sasl_passwd

下記を追記する

[smtp.office365.com]:587 xxxxx@hoge.co.jp:xxxxx@hoge.co.jpのパスワード

パスワードファイルのハッシュ化

下記コマンドを実行する

postmap hash:/etc/postfix/sasl_passwd
chown root:root /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db
chmod 600 /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db

Genericファイルの準備

下記コマンドを実行する

vim /etc/postfix/generic

下記を最終行に追記する

root@sample.com username@hoge.co.jp
@sample.com username@hoge.co.jp

Genericファイルのハッシュ化

下記コマンドを実行する

postmap hash:/etc/postfix/generic
chown root:root /etc/postfix/generic /etc/postfix/generic.db
chmod 600 /etc/postfix/generic /etc/postfix/generic.db

再起動

下記コマンドを実行する

service postfix restart

backlog Enterprise Standard構築手順 その7 postgresqlインストール へ続く