MWebっていうMarkdownエディターがあります。
以下良い点を書き出してみました。

  • Markdown形式
  • リアルタイムで表示が反映
  • 画像ペーストで画像タグを自動記載
  • WordPressに記事をアップロード可能
  • iOSアプリもあるのでiPhoneやiPadでもMacアプリ版同様のことが可能
スポンサーリンク

Markdown形式

Markdownエディターなのであたりまえですけど、Markdownに特化しています。直接タグを入力する方法もあるし、ツールバーからマウスでタグを選択する方法もとれます。
今回の記事もMarkdownで記載してます。

リアルタイムで表示が反映

これを押すと画面が2分割されます。
書きながら出来栄えを確認できるので便利です。
スクリーンショット 2019-04-05 2.38.40
オン・オフで表示が切り替わります。

ドラッグ&ドロップで画像タグを自動記載

画像をドラッグ&ドロップして貼り付けてみました。
これが便利で楽でした。いちいちタグを書かなくていいし、すぐ画像タグ忘れちゃうので簡単なのはよいです。記事作成の効率が上がるーーー
 スクリーンショット 2019-04-05 2.19.58

WordPressに記事をアップロード可能である

これはイチオシ機能です。
いちいちWordpress管理画面を投稿操作をすることなく、手早く記事・画像をアップロード可能なんです。

設定編

MWeb → Preferences → Publishingタブで設定します。

WordPress.orgをクリックすると入力画面が立ち上がるので必要事項を入力します。
スクリーンショット 2019-04-05 2.55.20

OKボタン押したら反映されます。
スクリーンショット 2019-04-05 2.55.33
以上で設定完了です。

反映編

ツールバーのPublishを押してブログタイトルを押します。
スクリーンショット 2019-04-05 3.06.12

反映準備画面が表示されるので必要事項入力してPublishボタンをクリックします。
スクリーンショット 2019-04-05 3.10.54
以上で反映は完了です。

iOSアプリもあるのでiPhoneやiPadでもMacアプリ版同様のことが可能

こちらに関しては別途記事を書こうと思います。